2017年7月20日木曜日

スタッフレポート

629日の夜、激しい雷雨と夜中に何度も鳴る警報で翌日睡眠不足を感じた人は少なくないと思います。

睡眠と言えば、近頃「睡眠負債」という言葉が注目されているようです。

毎日の睡眠不足が積み重なり命のリスクにつながるとのことです。

この慢性的な睡眠不足によりガンや糖尿病、高血圧などの生活習慣病になるリスクが1.5から2倍に上昇すると言われています。

「睡眠負債」の返済のため休日に寝だめをするのは、そのやり方次第ではかえって身体に負担がかかるため、専門家の話では、

・普段より長く眠るため遅く起きるのではなく、早く寝ていつも通りの時間に起床する。

・早く寝るのが難しければ、いったんいつも通りの時間に起き光を浴びて体内時計を動かしてから二度寝や昼寝をする。

こうすることで睡眠負債を返済するのがいいそうです。

私自身、週の内12日睡眠不足を感じることがあり、休みともなるとつい朝ゆっくり起き、更にダラダラと昼寝をしてしまったり、ということが多く悪い睡眠のとり方をしていたようですので、睡眠負債を返済すべく、上記を実践していこうと思います。

総務部 吉村綾子