2017年11月8日水曜日

スタッフレポート

広島カープがセ・リーグ連覇を達成しました。

197980年以来37年ぶり2度目の連覇です。セ・リーグで複数回の連覇を達成しているのはジャイアンツと今回のカープのみという事で、ファンとしてはとても誇らしく感じています。

今期は精神的な支柱でもあった黒田投手が抜け、どうなることかと心配していましたが、実績の無い若手投手が次から次へと活躍するなど、最終的には2位に10ゲーム差をつける独走状態での連覇達成となりました。

しかしここに来て、石井打撃コーチと河田守備走塁コーチが今季限りで退団するという非常に残念なニュースが発表されました。この連覇は二人のコーチの力無くしては達成し得なかったと思います。
 
どんな選手が抜けるよりもカープにとっては痛手だと思いますが、新しいスタッフのもとあらためて団結し、今季とはまた違う新しいカープを見せてくれることを期待しています。
 
営業部 橋本一広