2017年12月18日月曜日

スタッフレポート

日中の寒暖差が激しくなった今日この頃、季節の変わり目を感じます。

日によって、暑い日や冬並みの気温だったりと、着る服が困る時期です。

季節の変わり目や寒暖差が激しい時期は、体にも負担がかかりやすいので、免疫力が落ちて風邪をひきやすかったりします。

風邪はひき始めの二日間が肝心といいます。体が変調を来してウィルスの力が十分発揮されていない間に自分の免疫力・自己回復力を少しでも整え、ウィルスの増殖を抑えるのが重要となります。

風邪をこじらせる前に、予防やひき始めでいかに早く治すかが大切です。
体調に違和感を感じたら無理せず休養をとるのが一番のくすりだと思います。
 
営業部 福原史之