2018年3月12日月曜日

スタッフレポート

昨年末から週末の休みのたびに庭の手入れをしています。

今の家に引っ越して3年半が経ちましたが、庭の手入れをするのはほぼ初めてです(草刈りだけは年数回やっていましたが)。

決して今まで怠けていたわけではなく、他にやることがあったため、ずっと後回しになっていました。当然のことながら庭は鬱蒼としており、周りの人からは「この家、本当に人住んでるの?」と思われていたのではないかと思います。

そんな庭の樹々をバッサバッサと切っていき、太いものは薪用に確保しつつ、細かい枝葉は畑で燃やし、1ヶ月半の休日のほぼ全てを費やし、ようやく一通り手を入れることができました。庭師の方が見れば「無惨」な庭かもしれませんが、自分としては、空が良く見えるようになり、スペースが広くなったので大満足です。

庭が片付いたので、次は更に後回しになっている納屋の片付けです・・・。

庭木の剪定屑は畑で燃やせたのですぐに片付きましたが、納屋のゴミはそういうわけにはいかないので長丁場必至です。

まだまだ「やらないといけないこと」が山盛りで、「やりたいこと」がなかなかできない状況ですが、せっかくの休日なので、庭木の薪でおやつを作ったりするなど、楽しみを後回しにするのではなく、楽しみながら作業を進めていきたいと思います。
 
倉橋工場 石津智久