2018年6月5日火曜日

スタッフレポート「施設見学」

423日に、関東にある食品リサイクル工場を見学に行って来ました。

通常の飼料は乾燥飼料ですが、その工場は食品を液体状態で飼料にして養豚場に卸していました。

プラントの構造や工程はいたってシンプルでしたが、温度とPH管理が肝で、そこがノウハウでなかなか真似のできないところなのかと感じました。

また、獣医師の資格を持った社長により、リサイクルループ仕組みを上手く構築していました。

私たちも、自社の強み(経験値)や仕組み(協業関係)をもっと生かせば、環境創造総合企業に少しは近づのではないかと感じました。
 
本社工場 北川貴伸