2018年7月12日木曜日

スタッフレポート

お腹いっぱいに食事をした後、暖かい気温等も手伝ってか、眠気に襲われることがあります。

耐えられる眠気ならなんとかしのぎきりますが、 強靭な眠気に襲われること程辛いものはありません。

そのような時は眠れる環境ならいいのですが、自分である習慣をとると食後に眠くならないそうです。

そのある習慣とは、食事中に水分を摂取しないようにすることです。水を飲んでしまうと消化液の酸が薄まり、結果的に消化活動を妨げ消化器官に負担がかります。その消化の負担が眠気の原因になったりするそうです。
 
手軽にできそうなので、興味本位でやってみる価値があると思います。
 
営業部 福原史之