2018年9月13日木曜日

スタッフレポート

現在業務部では、先日の豪雨災害で発生した土砂の除去作業をしています。

内容は、雨水暗渠内に流入した土砂を、高圧洗浄車と吸引車を使い吸引し、仮の捨て場に運搬し搬出するといった作業を行っています。

この暑さのなか毎日バテバテになりながらの作業が続きますが、何より、余りに広範囲の被害のため終りが見えてこない、この地域が終わってもまた、別の場所が待っているし、暗渠や管渠の中なので、被害を把握することさえ困難な状況です。

作業中も多くの他業種の災害支援車両やボランティアの方々を目にします。

まだまだ炎天下での作業が続きますが、それぞれが一つひとつ目の前の事をこなして行くしかないのが現状です。
 
熱中症や怪我人を出さないよう、気持ちを入れて作業にあたりたいと思います。
 
業務部 大村治生