2019年6月19日水曜日

スタッフレポート

自宅で雨漏りしていた箇所を防水工事し、その後雨漏りは止まっていますが、長年放置してあった漏水箇所下部の壁にシミが出来ていたので、とりあえず壁紙だけ張り替えようと剥がしてみると、

石膏ボードがボロボロ…解体してみると、柱が腐っていて指でカンタンに壊せるような状態でした。

これは放置できないので、周囲を補強し、壁を張り替える工事が追加されることに…

皆さん、雨漏りは早期発見ですよ!

業務部 藤元勇太

2019年6月18日火曜日

スタッフレポート

今年も年に一度の健康診断を受けてきました。

毎年の事ですが、お正月後に緩んでしまった体重に慌てふためき、健康診断に照準を合わせてダイエットに取り組んでいます。
今年は合わせて、「生姜・活」と自分で題して取り組んできました。

生姜には、糖尿病のリスクを減らせるとか、抗炎症作用があるとか、胃の調子を整える作用があるとか言われています。

私の目標は、胃腸の調子を整え、冷え性改善と悪玉コレステロール値の低下です。

調理の度に生姜を使うように心がけているので、少しは期待できるかも・・?!と結果を楽しみにしています。

何にせよ、毎年きちんと健康診断を受診し、適度な運動習慣を続けながら、今後も自分の健康管理に気を配っていきたいと思います。

総務部 金子美絵


2019年6月17日月曜日

スタッフレポート「読書」

数ヶ月前の研修で私は、デール・カーネギーという人物を知りました。その研修の内容も面白く興味が湧いたので、彼が出版している本をすぐに買い読みました。

その本は、全世界で読まれている凄く有名な本で、日本でも多くの人が読んでいます。

初めは、全世界で読まれている本なので難しいのだろうと思っていましたが、読み進めるうちに、なるほどと感心させられたり、日々の些細な悩みや、対人関係など、人生を送る上での問題解決に凄くためになる本でした。
 
読み終わりかけには、「そりゃー、全世界で読まれるわ」と、ひとり言を言ってしまってました。

また、この本を読んでから心が少し穏やかになったようにも感じます。

興味があるひとは是非読んでみて下さい。損はしません。

本社工場 北川貴伸


2019年6月13日木曜日

スタッフレポート

今回は、同級生で福岡県の役所に勤めている友人から教えてもらった事について書きます。
 
令和という単語は万葉集からの引用で、

「人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ」という意味を持つ事は、ニュースや新聞でご存知の方も多いと思います。
 
そこで役所勤めの同級生から聞いた興味深い事ですが、令和の引用元の万葉集の句は、福岡県太宰府市で詠まれたそうです。
 
万葉集が詠まれた場所など今までと考えた事も無く、この事を同級生から聞いて私はとても驚くというか目から鱗が落ちた気分でした。
 
同級生から聞いた話をもっと詳しく書くと、

天平二年(730)正月13日に当時の政治家の「大伴旅人」が企画した、「梅花の宴」で参加した政治家達が句を詠み合う事になりました。

そこで宴に参加した政治家達と、これから句を詠んでいくといういきさつを説明した序文の中に、「令」と「和」の漢字が使われていたそうです。
 
この事を聞いて、「梅花の宴」が行われた奈良時代の過去と、現代の令和が始まっていく今日が繋がっている事が実感できました。

私は日本の歴史に関しては、明治維新時期の事柄は好きなので多少知っていたのですが、奈良時代の文化や時代背景に初めて興味が持てました。

僕の子供は平成最後の年に生まれたのですが、令和時代を生きて行くので、令和に込められた「人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ」という意味をしっかりと教えていきたいと思います。
 
業務部 森川誠

2019年6月12日水曜日

スタッフレポート

連休中に久々の美容院に行き、15センチほど髪を切ったので、今とてもサッパリしています。

冬場に乾燥していたせいか、日頃の不摂生のせいか、結構傷んでいたのでバッサリ切りました。

4月には健康診断もあったのですが、去年に引き続き、貧血気味との結果でしたので髪も身体もやはり食生活に問題があるのかもしれません。

来年の健康診断の結果が良くなるよう、食生活の見直しをし、健康を維持していきたいです。

総務部 吉村綾子

2019年6月11日火曜日

スタッフレポート

白竜湖花火大会に行きました。

広島では一番早い花火大会で、満開の桜を眼下に色とりどりの花火が楽しめます。
 
ご当地屋台もとても賑わっていて、やっさ踊りも沢山の方が参加していました。
 
今年は西日本豪雨災害からの復興花火も打ち上げられ、鎮魂とこれからの復興への強い気持ちを感じる事が出来ました。

業務部 田中一美



2019年6月10日月曜日

スタッフレポート

5月頃になると山や森を見ると緑がみずみずしく感じます。

まさに新緑の季節という初夏の頃の若葉のみずみずしい緑色であり、その立ち木をも示します。冬枯れしていた木が芽吹いて、いよいよ鮮やかな緑色の葉を茂らせます。

4月から年度も変わり、新しい環境の変化と緑色の鮮やかな新芽を見ると、生命の誕生を連想し清々しい気持ちになれます。

新しい葉をつける際は、逆に枝や幹から葉に栄養分が供給され葉緑体が形成されていきます。若い葉はクロロフィル(光合成で重要な役割を果たす緑色の色素)の量が少なく、緑色が薄いので透明感があり鮮やかに見えます。若い芽が必死に生きようと輝いているようにも思えます。

よく5月病といいますが、5月付近は精神的に落ち込みやすい時期でもある為、生命力の溢れる緑色をみて勇気をもらいたいと思います。
 
営業部 福原史之