2018年12月6日木曜日

スタッフレポート

朝晩の冷え込みも段々と厳しさを増してきました。

我々業務部は二人の新人を迎えこれから年度末にかけて鋭意邁進中の状況です。

今の新人は私の頃とは違い、よくメモを取り質問をしてきます。

教育をするに当たり最近よく思うことが、我々の若い頃は仕事を覚えるにはとにかく現場に出て、先輩がやっている事を真似て、体で身につけるというやり方のみだったのに対し、今では作業手順書やマニュアルを作成し、誰がやっても一定のクオリティで仕事が出来るようにすることをメインに据えているように思います。

大きな視点に立つと、このやり方であれば部署を管理するのには効率的で、作業員毎の偏りも少なく、ムダ、ムリ、ムラのない運用ができるようになります。

一方で昔ながらの、いわゆる職人のような仕事を盗み体で覚えるやり方、追い込まれて、苦労して完工させる。そのような体験をすることによって、自信や精神的な強さを身につけるという考えもありなのかなと思います。

どちらか一方を重視するのではなくバランスよく教育していきたいと考えます。

一番大切な事は、働きやすい、そして仕事が楽しいと思える環境を作っていける事だと思います。
 
業務部 菊池一彦