2019年2月28日木曜日

スタッフレポート

2月に入り来月は年度末!
年度内に最終処分まで行わなければいけない仕事の依頼が多く入る時期です。

全国的にインフルエンザが猛威をふるっていますが、そんなもんにかかってる場合ではないので、しっかりと予防し気持ちも入れて日々の業務に頑張っていきたいと思います。

しかし一人では当然出来る事は限られてくるし、繁忙期を乗り越えるのは難しく、業務部全員で健康管理をしっかりと行い、事故、怪我なく新年度を迎えられるように、気持ちをひとつにしていきたいと思います。
 
業務部 大村治生

2019年2月27日水曜日

スタッフレポート

インフルエンザが大流行しています。
身近なところでは、兄一家が子供達から順に罹患しており、病院に勤務している別の兄曰く土日が特に患者さんが多く大変とのこと。

私自身は今のところこの冬になってから風邪もひかず元気に過ごしていますが、「風邪のひき始めかな?」と感じる事がたまにあります。

手洗いうがいはもちろん、疲れを溜めないよう無理をせずしっかり休養をとり、人が多く集まるところは極力避けて風邪をもらってこないようにし、この冬を乗り切りたいと思います。

総務部 吉村綾子

2019年2月26日火曜日

スタッフレポート「話しかけやすい雰囲気づくり」

平成最後の年があけました。

毎年少しでも、人として成長するには何が足りないのだろうと考え目標を立ています。
 
ここ数年自分でも気がついてはいたのですが、相談や話しかけにくい雰囲気が私にはあり、それが部下とのコミュニケーション不足の弊害になっていました。
 
自分が変わらなければ、部署内も変わらず、停滞し、やがて衰退していきます。自ら心をコントロールし、双方向の関係性を築き上る努力をしていき、成果と成長と楽しさを持続的に追い求め、皆との調和を大切にして真のリーダーになりたいと思います。

また、プライベートでは趣味になりつつある登山を目一杯楽しみたいと思います。

本社工場 北川貴伸


2019年2月25日月曜日

スタッフレポート

早いものであっという間に2月を迎えました。

毎年この時期は、積雪や道路凍結等で月に一、二回は現場のスケジュールが変わり、朝から事務所で配車の組み直しやお客様への電話連絡で大変だったのですが、今年は本当に暖かく、昼間は作業服の下に半袖でも汗をかくほどです。

現場の人間としては凍えながら作業をしなくて済む為、ありがたいのですが、環境の面からみたら良いことではないのだろうと思います。
 
ニュースによると、1月の同じ時期に北米では氷点下53.9度。その一方南半球のオーストラリアでは46.6度を記録したと報じています。

このような状況に警鐘を鳴らす人々は本当にわすかで、そしてメディアによる報道も一部取り上げる程度では、一般の人々に危機感を持ってもらうのは本当に難しい事なのだろうと感じます。

私自身、環境力道場での経験がなければ、全く気にもしていなかっただろうと感じます。

又、ここまで進行している段階で果たして歯止めがかかるのか、人々が気づいた時にはもう取り返しのつかないところまで進んでいるのではないかという不安もあります。

一度便利な事や楽をした時、なかなか元の不便な生活にはもどりたくはないと多くの人が思います。

しかし、自分達の子供やその次の世代の事を考えた時に、その考えは自分本位だと気づくのではないでしょうか。

言うのは簡単ですが、実行するのは本当に難しいと思います。道場で得た知識を家族に伝え、微々たる事でも実行していく事しかできる事はないのだろうと思います。

業務部 菊池一彦

2019年2月21日木曜日

スタッフレポート

2月になりました。寒い日もありますが、今年の冬は暖冬のように感じます。

車を運転する事があるので、私個人としては雪が積もらない事はとてもありがたい事ですが、あまりにも雪が少ないと少し不安になります。
 
暖冬のようではありますが、最近は風邪やインフルエンザが流行っています。

手洗いやうがいをしっかりして、予防していきたいと思います。
 
総務部 山田佳恵

2019年2月20日水曜日

スタッフレポート

1226日に日本はIWC(国際捕鯨委員会)が定めた国際捕鯨取締条約から脱退する事を発表しました。

多くのメディアで賛否両論な記事をいくつか見ました。
 
個人的には僕は生まれた頃からクジラがあまり出回っていない状況で生活してきたので、極論興味がありませんでした。

商業捕鯨する事と海外との軋轢から不利益になる事とでは、海外からの不利益の方が大きいように思います。

しかし近年大きく地球環境の変化が見られ、様々な理由がありますが鰻が少なくなったりと水産業界も大きな変化を強いられていると思います。

IWCの脱退が決まった今はこれから始まるであろう商業捕鯨が成功する事を祈る事しかできません。

正式に脱退した後、地元のスーパーに鯨が出回るようになれば応援の意味も込めて買ってみようと思います。
 
業務部 森川誠

2019年2月19日火曜日

スタッフレポート

子どもと一緒に2人でお出かけしました。

下の子どもが小さく、なかなか上の子の相手をしてあげられなかったので、子どもは大喜びでした。

日中はとても暖かく、目一杯公園で遊び、楽しみにしてたいつものジェラート屋さんへ。

ちょうど2周年イベント中でとても賑わってました。

2人で取り合いながら仲良く食べて、帰りは2人とも電車でぐっすり眠りながら家路に着きました。
 
業務部 田中一美

2019年2月18日月曜日

スタッフレポート

このお正月は奈良の春日大社に初詣に行ってきました。
 
今年も大勢の参拝者がいましたがゆるゆると歩き拝殿へたどり着き、これまでの一年が無事に終わったことへの感謝と、これからの一年の安寧と健康を祈願してきました。
 
出がけに義母から御神籤を引いてきてほしいと頼まれていたので、一緒に自分の御神籤も引きました。

お正月だからなのか御神籤の種類が沢山あり、中でも「鹿御籤」という木で出来た鹿が口に丸めた御神籤を咥えている可愛らしいものが目についたので、そちらを引いてみたところ、元旦から大変縁起良く大吉が出ました。

今年は何かいい事があるかもと期待しています。

総務部 吉村綾子


2019年2月14日木曜日

スタッフレポート

新年明けましておめでとうございます。

昨年は、全国的に地震や豪雨といった規模の多きな災害が起こり、現在でも復興中の地域も、また、仮設住まいの方々も沢山いらっしゃいます。
 
今年は、多きな災害が起こらないようにと願うばかりです。
 
仕事に於いては業務部に3人の新人が入り、亥年らしく勢い良く皆で邁進して行きたいと思います。

業務部 大村治生

2019年2月13日水曜日

スタッフレポート

2018年の大晦日は、毎年恒例のダウンタウンの笑ってはいけないシリーズを見ながら笑って年越しをしました。
 
2018年は全国で災害に見舞われた年でした。
広島でも被災された方が多くいらっしゃいます。
 
今の自分優先な便利な生活を続け地球に負担をかけ続けていると、昨年のような災害は毎年おこるのではないかと思います。
 
環境力道場で学んだことを常に頭において、将来世代のことを考えて、個人で出来ることは微力ですが温暖化防止のために取り組んでいきたいと思います。
 
今年の大晦日も笑って年越しを出来ることを願います。
 
総務部 舛本奈美

2019年2月12日火曜日

スタッフレポート

128日にNPO法人環境文明2125周年記念シンポジウムに行って来ました。

シンポジウムの参加者は、私よりかなり年配の方々が多く、経歴も凄い方ばかりでした。

また、前環境大臣の中川議員や福山議員が記念のスピーチをされ、篠原議員による環境問題の最新情報の紹介などがあり、会場の皆さんは熱心に聞き入っていました。なんだか私一人が浮いているようでもありました。
 
そんな中、会場にいる皆さんが一同に、温暖化に対する政府の対応と、次世代への継承を憂いていました。
 
私なりに何ができるか考えながら聞いていましたが、良い可決作が見当たらず結果、今までしてきたことを実直に続けることが大切なのではないかと感じました。

本社工場 北川貴伸


2019年2月7日木曜日

スタッフレポート

日常生活でイライラしたり、怒りが納まらない時が大抵の人にはあると思います。

特に最近話題になっている、危険運転行為によるものが多いのではないでしょうか?

運転していて無理に割り込んできたり、後ろからあおってくる車に遭遇してイライラして怒りがこみあげてくるときがあります。怒りは相手との関係に支障をきたすのはもちろん、自分と相手を取り巻く人達にも影響を与え、イメージアップするよりかはむしろマイナス効果です。

例に挙げた運転の件にしても、やったらやり返すは周囲を巻き込んで取り返しのつかない惨事を引き起こす原因にもなりかねます。

怒りが納まらない、イライラしたしたときの解消法として10秒我慢してみる、その場から立ち去る、深呼吸をする、1杯の水を飲む、怒ることでメリットがあるか考える、体を動かしてみる、「まぁいいっか」と思うようにするなど効果的な解消あります。
 
是非とも実践してトラブルのない日常を送りたいと思います。
 
営業部 福原史之

2019年2月6日水曜日

スタッフレポート

12月末に会社の大掃除を行いました。

駐車場を高圧洗浄したり、倉庫を整理したり普段できないことが多くできました。

最近入った新人は前職を生かして窓をキレイにしてくれたり、吸引ホースの金具の付け替えを超ベテラン社員に教わったり、いい光景がありました。

その日の夜に彼らと焼き肉を食べに行き、2018年の反省会を行いました。
 
こちらから一方的に言うだけではなく彼らの声にも耳を傾け、いい関係が築けるようにしていきたいと思います。

業務部 水田竜志

 

2019年2月5日火曜日

スタッフレポート

2018年も、あっとゆう間に終わってしまいました。

一年一年が本当に早く感じます。

広島や各地では、大きな災害が起き、2018年をあらわす漢字は「災」という残念な結果でした。
 
自分的には、淡々とした一年だったように思いますので、自分の一文字を考えてみれば、「支」かなと思います。家族(犬も含む)の転機・健康によりそった一年でした。

2019年はどんな年になるのか、どんな年にしたいのか、じっくり考えてみたいと思います。

総務部 金子美絵

2019年2月4日月曜日

スタッフレポート

新年早々、自宅に社内報が届きました。

営業部の方々が毎回趣向を凝らして作成しておられ、楽しく読ませてもらっています。
 
今回その社内報の中に、社員の今年の運勢を占うという企画がありました。

その占いによると、今年の私は全社員中最悪の運勢だそうです。

非常に気分が悪いです。

・・・というのは冗談ですが、良い気はしません。

ただ、私は普段から占いを見ませんし気にもしないので、「555位(Go!Go!Go!)」という語呂の良い順位だったことで、悪い運勢の内容は吹き飛びました。
 
今年は亥年ですし、前向きにGo!Go!Go!と進んでいきたいと思います。
 
倉橋工場 石津智久