2018年11月15日木曜日

スタッフレポート

52期が始まりました。

振り返ってみると、前期は本当に異常気象が多かったなという印象が残ります。

日本だけではなく、世界中で高温、地震、豪雨と今まで環境力道場で先生が仰っていた事が現実味を帯び始めて来たなという気持ちが湧き上がってきます。

しかし、アメリカや中国といった経済大国の対応は未だに自国の発展だけを優先しており、今後この温暖化、そして温暖化による異常気象等ははますます加速していくのだろうと思うと、このまま手を拱いているだけなのかなという歯がゆい気持ちです。
 
たしかに、この便利な世の中で何不自由なく生活している恵まれた環境で生活している我々にとって、CO2の削減は、革新的な技術や手法が開発出来ていない現状では、経済と環境を天秤にかける事になり、国のトップにはそう簡単には舵をきれない問題なのだろうと思います。

自分自身を顧みると、確かに確定されていない未来に対して、自身の利益や利便性か、不自由をきたしても省エネやネイチャーな生活か天秤にかけてみると、どうしても便利な方に行ってしまいがちです。

しかし、道場で学んだこれからの未来を考えると、自分自身ではなく、未来の子供達に対して今出来ることをする、今後本当に真夏の気温や、豪雨災害が今とは比べようのないほど、激しいものになるのか分かりませんが、本当にそうなって後悔するよりも、最初から想定して今から出来ることを少しでも実行していきたいと思います。
 
業務部 菊池一彦

2018年11月14日水曜日

スタッフレポート

日本でも「脱プラ」の動きが出てきました。

「ピンチはチャンス」という言葉がありますが、この「脱プラ」の動きを商機と捉えて新素材の開発も活発になっているようです。

新聞では、微生物によって分解される生分解性プラスチックや石灰石を主原料にした新素材などが紹介してありました。
 
私は15年ぐらい前に、生分解性プラスチックのマルチ(雑草を抑えるために畑の畝を覆うシート)を農場で試験的に使ったことがありますが、いつまで経ってもほとんど分解されている気配がなく、畑を耕すたびにマルチの残骸が掘り返されていたのを記憶しています。
 
15年の間に格段に技術が進歩していることと思いますが、生分解性の素材も100%天然物質由来で100%分解(無毒化)されるわけではないでしょうから、「生分解性の素材でできているから」といってむやみに自然界に投棄、埋設されて、結果的に別の環境問題を引き起こすようなことがないようにしなければいけません。

ちなみに、新聞では生分解性のストローが紹介されていましたが、「そもそもストローって必要?」と思うのは私だけでしょうか・・・?

倉橋工場 石津智久


2018年11月13日火曜日

スタッフレポート

先日、鳥取県の大山へ行きました。

開山1300年との事で記念に登山をしました。
 
登山中、濃い霧が出ており、お天気には恵まれませんでしたが、何とか頂上まで登る事が出来たので、良かったです。
 
下山後、4〜5日は筋肉痛になりましたが、とても良い経験が出来たと思います。

また機会があれば色々な所へ行ってみたいと思いました。
 
総務部 山田佳恵

2018年11月12日月曜日

スタッフレポート

先日、家族と平田観光農園へフルーツ狩りへ行きました。

3連休の中日とあってとても混んでいましたが、梨を取ったりマスカットを取ったりと楽しめました。

時間制で取ったフルーツを液体窒素でアイスにする実験をやっていて、家族と一緒に切ったり混ぜたりと普段は出来ない体験で盛り上がりました。

他にもBBQスペースやダッチオーブンでご飯を作る体験も出来るので、来年はそっちにもチャレンジしてみようと思います。
 
業務部 田中一美

 

2018年11月8日木曜日

スタッフレポート

朝晩ともに肌寒く感じ日が多くなってきました。

先日、私の住んでいる地区の町民運動会があり、参加してきました。

全部で12チームに分かれて朝から夕方までみんなでワイワイと汗をかきながら、競技に参加し、そして応援しました。

私がその地区に引っ越してきて3年が経ちましたが、こうして行事に参加でき、皆さんに仲良くしてもらえることに感謝した1日となりました。
 
営業部 中尾友暁

2018年11月7日水曜日

スタッフレポート

9月半ばに「ジブリの大博覧会」へ行ってきました。

連日大盛況と言われていたとおり、土曜の朝一番で出かけましたが入場までおよそ一時間かかり、噂通りの賑わいを感じました。

あまりの人の多さで、係員の人が展示物の前で「立ち止まらずにお進みください」と終始声かけしていたのでゆっくりと見る間がなく残念でしたが、お目当てにしていた触って乗れる「ネコバス」に触れる事が出来たのでその点は良かったです。
(元々常設展示している三鷹の森美術館では「ネコバス」は小学生以下の子供達しか乗ったり触ったり出来ないのです)

ジブリ作品は小学生の頃に出会ってから長い間それこそ同じ作品を何度もみて、自分にとって凄く身近な映画です。楽しいものもあれば深く考えさせられるものもあります。出来上がった映像だけでなくその制作に関わった人達の努力が伺える美術展を鑑賞できたのは良い機会でした。

さて、今度の週末はどのジブリDVDを見ようかしら。
 
総務部 吉村綾子

2018年11月6日火曜日

スタッフレポート

7月に発生した西日本豪雨災害から三ヶ月が経とうとしています。

車で色々な現場に行く道中、道路や住宅地は災害復旧もかなり進んで来たと実感していますが、山々に目を向けると土砂崩れや土石流が発生した場所は、土がむき出しでほとんどが発生した時と変わっていません。

今回の様な梅雨前線の発達した場所での局地的な豪雨は今後も予想されます。
 
特に広島県は、まさ土の山が多く、また何処で豪雨が発生するのか解らないし、全ての危険箇所に十分な効果が期待出来るほどの対策を講じる事など金銭的にも難しいでしょう。

避難所や経路のタイミングや方法などの確認や、避難所で生活する上での様々な問題点を、地域や行政とこれまで以上に具体的な対策を思案し計画していく必要性を強く感じます。
 
業務部 大村治生

2018年11月5日月曜日

スタッフレポート

今年も環境活動レポートの作成の時期がきました。

今回は、デザインと製本をK'sデザインさんにお願いすることもあり、お盆明けから取りかかっています。

プロの方が製本するので、今以上に分かりやすく、読みやすいレポートになると思います。
 
本社工場 北川貴伸

2018年11月1日木曜日

スタッフレポート「お彼岸」

連休の週末、田舎に帰って来ました。

今年の彼岸は、残暑が厳しく暑い日が続き、今年の夏は記録的な厳しい暑さでした。

秋のお彼岸で、お墓参りと掃除をしてきました。盆に掃除した時は、暑すぎてか雑草も少ししか無かったのに、今回は草だらけになってました。
これからは、一日一日涼しくなってゆくことでしょう。

季節の変わり目、風邪や体調不良にならないよう健康管理に十分に気をつけて行こうと思います。

総務部 藤岡広志

2018年10月31日水曜日

スタッフレポート

今年は毎週のようにやってくる台風に心配をさせられます。

今シーズン最強や、超大型で強いと聞くと、何事もなければと接近前に祈るばかりです。

台風の性質を考えると右側は湿った空気が入りやすく、雨・風が強く危険といいます。台風の進行方向の右側では一般に風が強いと言われており、このような性質は以前から船乗りには知られており、航海が危険であることから「危険半円」呼ばれています。

あと、通過した後に吹き返しが強いと感じたことがあると思います。

台風が通りすぎた後からだと安心せず、注意をお願い致します。
 
営業部 福原史之

2018年10月30日火曜日

スタッフレポート

10月から52期を迎えました。

カンサイは10月1日より作業着が一新されました。前の作業着と比べ、動きやすさや快適さが向上し、デザインもカッコいいものになりました。

最近は設備や車両の更新だけではなく、社員の働きやすい環境を見直し整えて頂いており、会社には大変感謝しております。

業務部の51期はというと、大きな事故、ケガなく過ごせたことが最大の評価と言えると思います。
 
若い力も加わり、52期は今よりもっと飛躍できるよう努力していきたいと思います。
 
業務部 水田竜志

2018年10月29日月曜日

スタッフレポート

ついに広島東洋カープが3年連続のリーグ優勝を果たし、広島の街中は賑っています。
 
私個人的には、今年いっぱいで引退してしまう新井さんの勇姿を目に焼き付けようと一生懸命応援してきました。
 
最後のあたりは少し失速し、いらいらしたり、はらはらしたり観戦も慌しかったのですが、やはりそれだけリーグ優勝は大変なことなのだと思います。
 
同じ時期に世界柔道も開催されていて、日本勢の大活躍に毎日元気をもらっていました。
 
プロ野球のように、長い期間をかけて優勝という目標に向かってチームで戦う競技も大変ですが、柔道のようにほんの一瞬に全てをかける競技も大変だな~~と改めて思いながら観戦していました。
 
いずれにしても、選手たちの真摯な努力を背景に感じることができるので、こちらも一生懸命応援してしまいます。
 
カープには今年は絶対日本一を勝ち取ってもらえるよう、これからも頑張って応援しようと思います。
 
総務部 金子美絵

2018年10月25日木曜日

スタッフレポート「新しい期に向かって」

大きな事故や怪我も無く、51期を終える事ができました。

51期を振り返ると、ありがたいことに例年より多くの種類、量の廃棄物を受け入れることができました。本社工場の周辺環境が変化する中、また廃棄物の取り巻く状況も年々変化する中、搬入量が増加している事はとてもありがたいことです。

本社工場の責務としては、そのありがたい状況に感謝して、多種多様な廃棄物を適正に、そして迅速に処理を進めることだと思います。スピードも追い求めながら、精度も上げていく。まだまだ、改善する個所や工程などあると思います。
 
現状に満足する事無く、事象に貢献したいと思います。

本社工場 飯田一樹

2018年10月24日水曜日

スタッフレポート

今年も年に一度の旧友達との旅行に出かけてきました。
 
今年の行き先は、熊本(天草)と長崎(ハウステンボス)です。

本当は、四国一周列車の旅の予定だったのですが、この度の豪雨災害で何箇所も線路が寸断され、急遽行き先を変更しました。
 
天草を訪れたのは、初めてだったのですが、美しい自然が多く残されており、とてもよい旅となりました。

中でも、イルカウォッチングは野生のイルカ達を身近で見ることができ、とても感動しました。

あまりに多くの船が追いかけまわしていたので、大丈夫かなと心配になりましたが、イルカたちは楽しんでいるかのように、船の下をくぐったり、すぐ近くで泳いでくれて凄く楽しい時間を過ごせました。
天草五橋や九十九島の景色も素晴らしく、海と沢山の島たちがおりなす自然の景観はとても美しかったです。

とてもリフレッシュできたので、また日々頑張りたいと思います。

写真は九十九島の景色とアコウの巨木(天草)です。

総務部 金子美絵

 



2018年10月23日火曜日

スタッフレポート

今年は日本各地で自然災害の猛威を被っています。

ひと昔前と比べて、近年は特に増えたように感じます。

カンサイでは、NPO法人環境文明21の先生を講師に迎えて、環境力道場という研修会を定期的に行っているのですが、この道場が始まった初日に、地球温暖化についての話を伺った時、(本当に温暖化って始まっているの?巷ではお金儲けの為に利用していると言う話も聞いているし、アメリカや中国が温暖化対策に取り組まない限りは解決しないのではないか)
という気持ちもあり、完全には信用していない部分も正直ありました。

しかし、現在の状況を鑑みればこの考えは間違っていたのだと実感しています。

自分自信もそうですが、切羽詰まった状況にならなければ行動に移さない。しかし行動した時にはかなり緊迫しており手遅れに近い状態になっている。

という事を経験したことがあるのではないでしょうか。

経済活動が最優先される今の世の中で、人々はいつ今が切羽詰まった状況だと認識するのかは分かりませんが、カンサイの一員として、手遅れに近い状態になってきているという気持ちだけは持ち続けて、小さな事でも温暖化対策に取り組んでいきたいと思います。
 
業務部 菊池一彦

2018年10月22日月曜日

スタッフレポート

娘がスイミングスクールに通い始めました。

私は子供の頃水泳を習っていたので泳ぎが得意ですが、妻はカナヅチなので、娘がどちらから運動神経を受け継いでいるか・・・知らない間に逆上がりを覚えてきたり、すんなり自転車に乗れたりするので、父親譲りであると信じたいです。

スクールでは、同じ保育園に通う子がいる事もあって、娘はすごく楽しみにしていて、私の休みの日に「パパとどっか遊びに行こうか?」といっても、「スイミングがあるからダメ!」と返されてしまいます。

習いごとを始めてくれたのはすごくうれしいですが、親離れが加速するのではないかと心配な今日このごろです。

来年は少し上達してもらって、一緒に海にでも行きたいと思っていますが、もしかしたら私の一方的な願望で終わるかもしれませんね(涙)

業務部 藤元勇太

2018年10月18日木曜日

スタッフレポート

安佐北区にある「ガラスの里」が、年内で閉館するそうです。
 
老朽化と来場者数の減少が原因とのこと。 

子供の頃からある施設で、小さい頃家族で行った時に、ガラスの城の鏡の迷路や足長に見える鏡などの不思議な体験はとても楽しく、あの時のことは今でも覚えています。
カンサイでも3年前に家族会で利用させて頂きました。

ガラス工芸の体験コーナーでマドラーを作ったり、お好み焼き体験が出来たり、ガラスの城にも久しぶりに入ったのですが、大人になった今でも楽しめました。

広島では、他にも呉ポートピアパークやナタリーなど、子供の頃からあった施設が閉園しました。

広島駅周辺が開発されたり、ショッピングモールが出来たり、新しい施設が色々出来て発展するのは嬉しいですが、昔からある施設がなくなるのは寂しく残念です。

総務部 舛本奈美

2018年10月17日水曜日

スタッフレポート

世界的に海のプラスチックごみへの問題意識が高まっている中、広島県の名産であるカキの養殖用筏から流出したプラスチックパイプが瀬戸内沿岸に流れ着き、山口県が対策を求めているという報道がありました。

確かに海岸の清掃に参加すると、色とりどりのプラスチックパイプが大量に砂浜に打ち上げられています。

報道によると、広島湾を中心に1万2千台のカキ筏があり、3億本のパイプが使われているそうです。

以前は竹だったものが1960年頃から安価で耐久性に優れるプラスチック製が使われるようになったとのことですが、そういう理由でせっかくの広島県が誇るブランドカキのイメージが損なわれてしまうのは非常に残念な気がします。

なんとか対策を講じていただきたいものです。
 
営業部 橋本一広

2018年10月16日火曜日

スタッフレポート

今年のお盆も例年どおり実家に帰省しました。

小学5年生の娘は従姉妹と海水浴とバーベキューするのが楽しみでしかたないようでした。

実家に到着すると、仏壇に手を合わせ先祖に感謝と報告をすませると、いつもは、だらだらと身支度もする娘も、テキパキと準備し、祖母から「ご飯食べないと泳ぎには行けんよ」と言われると自ら率先してご飯の準備をしたり、私が「飲み物を買いに行くぞ」と言えば一番小さな従姉妹の手を引いて買い物に行き、テキパキと行動していました。
 
今年は猛暑のせいか海水温も高く気持ちよくかったのか「少し休憩しなさい」と言うまでずっと楽しんでいました。
 
広島市内に住んでいると、海に行く機会も少なく、毎年楽しみにしているので、来年も再来年も海水浴させてあげたいと思いました。

本社工場 北川貴伸
 

2018年10月15日月曜日

スタッフレポート

最近 大雨、猛暑、台風と規模の大きな自然災害が多くその度に怖い思いをします。

運良く自分自身は被害に遭っていませんが、今後被害を受けてもおかしくありません。
 
家では飲料水を12リットル貯蔵しているだけで、後は何も対策していません。
 
保存食や停電時でもある程度生活できるような装備を最低限でも用意すべきと思い、インターネットで色々検索してみました。

不謹慎になるのですが私はこういった装備品等を検索する時など、色々勉強になり、ついつい楽しく感じてしまう事もあります。

家が狭くならない程度に装備を整えれば毎日の安心も高まると思うので、検索して楽しむだけでなく実際に行動に移して色々装備を購入し、もし良い物があれば皆さんに紹介したいと思います。
 
業務部 森川誠

2018年10月11日木曜日

スタッフレポート

ケーキなどを買った時に付けてもらう保冷剤ですが、この夏は重宝する事が多かったように思います。
ただ・・・我が家の冷凍庫には物が捨てられない私の性分のせいで、かなりの数の保冷剤が溜まっています。

繰り返し使えるものをパッパと捨ててしまうには惜しい気がしてしまって、溜め込んでしまったので、食べ物や身体を冷やす以外の使い道があればとちょっと調べてみたら、なかなか良い情報があったのでご紹介します。

ジェル状の保冷剤の中身は「高吸水性ポリマー」という物質で、消臭効果もあるそうです。

凍っていない保冷剤の中身を空き瓶などに絞り出して置いておくだけで消臭剤として使えますし、少量のアロマオイルを垂らせば消臭芳香剤としても使えるみたいです。

何かのオマケで貰ったけれど使い道のなかった小さなグラスもやっと出番がやってきました。

まだ作ったばかりなのでどのくらい保つのか分かりませんが、手作りインテリアの一つとして楽しみたいです。

総務部 吉村綾子
 

2018年10月10日水曜日

スタッフレポート

普段何気なく生活していると、台風や地震等自然災害に遭遇した時うろたえてしまいます。

まさかこんな事態になると思ってもいないので、自然の驚異の前にただただ驚くだけです。

地球誕生から約46憶年、人類の歴史を1年のカレンダーで例えると、1231日に初めて現生人類(ホモサピエンス)が誕生します。

今では人類が地球の中心と思うように生活していますが、私達人類が知らないだけで地球のというのは大きなエネルギーを出しながら姿を変えてきています。

地球と人類が共存していく中で地球から多くの恩恵を受けている分、その反面被害を受けることもあります。
 
それが人類の関係する自然破壊を行うなら、その被害は大きいように思えます。地球上で生活する上で自然のありがたさを感じないといけないと思います。
 
営業部 福原史之

2018年10月9日火曜日

スタッフレポート

先日、「空の移動革命に向けた官民協議会」なるものが開催されたとのニュースを目にしました。空飛ぶ車が街の中を飛び交う世界が現実のものになるのでしょうか。
 
個人的には全く興味がありませんが、もし本当に街の中を車(のようなもの)が飛び交うようになれば無関係ではいられません。
 
利便性を強調してリスクが過小評価されることのないよう検討していただきたいものです。
 
倉橋工場 石津智久

2018年10月4日木曜日

スタッフレポート

先日、会社でカープのチケットを頂き、妻と二人で観戦に行ってきました。

カープベンチ上1列目の最高の場所なので、観戦と言うより半分写真とムービーの撮影会状態で、試合は久々のボロクソぼろ負けの最悪のゲーム内容でしたが、丸の30号とアドゥワの初ヒットが間近で観れて満足です。

途中からは頑張ってヤジを飛ばし持参した水筒を飲み干し(焼酎!)、帰りの階段が酔ってヤバかったです。
が、しかし翌週から連勝で一気にマジックを減らしリーグ優勝間近!

今年こそはCS突破!
日本シリーズ勝って日本一を決めて、サンフレッチェとの合同パレードを!!

業務部 大村治生


2018年10月3日水曜日

スタッフレポート

暑さ寒さもお盆までとか言われてますが、近年の天候はどうでしょう、連日気温は30度超は当たり前、ところによれば40度超えと言われています。

たまに雨が降ればバケツを逆さにしたようなゲリラ豪雨だったりして、大災害を起こします。

この時期台風シーズンですが、今年は東から西に移動するとか、たて続けに来るとか、年々異常な天候が地球規模でおきています。

地球のあちこちで起きている異常気象、それが地球温暖化によるもなら、私たちの豊かで便利な生活の結果なのでしょうか。
 
そうなら、今からでも、少し不自由でも地球にやさしいことを身近な事から実行していくべきだと思います。
 
総務部 藤岡広志

2018年10月2日火曜日

スタッフレポート

10月に入り、うなだれるような暑さにも解放され、過ごしやすい日が続くようになってきました。

我が家では、先月大阪に一泊二日の旅行に行ってきました。

主な目的は、我が子のために、「お母さんといっしょ」のコンサートと、大人のための背伸びしたホテルに宿泊することでした。

コンサートでは、前から3列目という、この年代の子どもをもってる方なら、羨むような席が取れ、大人の私でも楽しむことができました。

他にどこに行くことも決めていなかったのですが、奥さんの希望で行ったカップヌードルミュージアムでは、開発者の安藤百福の功績に感心し、夜の散歩がてらに行った大阪城では、その迫力と大阪夏の陣などその歴史を想像を膨らませ、面白い満足した旅行となりました。
 
営業部 中尾友暁

2018年10月1日月曜日

スタッフレポート

7・8月は猛暑で熱中症の危険を感じながら仕事をしていました。

どうすればこの暑さの中でも安全に快適に仕事が出来るか悩んでいたところ、空調服を着て涼しそうに作業している人を見かけました。

早速カンサイにも導入して頂きました。
見た目は分厚い服で暑そうですが、着てみるととても涼しく快適に仕事が出来ています。

新入社員も増えてきていますので、労働環境がいいものになっていくようにこれからも提案していきたいと思います。

業務部 水田竜志 


2018年9月27日木曜日

スタッフレポート

9月になり、朝晩は随分涼しくなってきました。今年の猛暑ももう少しで終わります。

今年は猛暑だけでなく、異常気象も多く発生していたように思います。西日本豪雨や異常な進路を通る台風など、今までの常識では考えられないことが多く起こっています。

私自身も突然の災害に対応出来るよう、自宅に非常避難袋など備蓄をしていきたいと思います。

使うことがないことがベストですが...。
 
本社工場 飯田一樹